記事リスト

取引コストが安い

グラフ

ECNとSTP口座比較

海外fx口座で取引をする場合、STP(スタンダード)口座とECN口座があります。一般的には、ECN口座のほうが取引コストが安いことで知られています。STP口座で取引する際には、取引コストはスプレッドだけです。ECN口座で取引する際には、スプレッドと取引手数料がかかってしまうのです。これだけ聞くと、手数料がかかるならSTP口座のほうがいいのではとなりますが、ECN口座の特徴はスプレッドが狭いことです。取引手数料を含めてもSTP口座より取引コストが安いです。また、STP口座と比べるとスリッページが少なくNDD方式で注文されるため取引の透明性が高く、狙った為替レートで注文が約定しやすいです。海外fxで取引をする際には、ECN口座のほうが有利なので。取引手数料がかかるといってもSTP口座よりは手数料加味しても平均スプレッドが狭いのですが、海外fx業者によっては必ずしもそうではないこともあるので口座開設前に確認が必要です。ただ、ECN口座ですがデメリットもあり最低入金額がSTP口座よりも高く設定されています。さらに最低取引通貨量も1万通貨からで最大レバレッジもSTPより低く設定されいることが多いため、少ない資金でコツコツ利益を積み重ねていきたい人には不向きな口座となっています。海外fxでECN口座を選ぶのに向いている人は、取引通貨量が多くスキャルピング取引をする、経済指標発表時も約定力が高い口座で取引したい人に向いています。

Copyright© 2018 【資産運用に最適】海外fx会社選びにはスプレッドをチェック All Rights Reserved.