取引手数料で比較

グラフ

海外fx業者を利用して、短期売買を運用スタイルとする場合スプレッドは重要です。取引コストに関わってくるからです。取引したい通貨ペアの、スプレッド狭さは最小値や最大値を比較するのではなく平均スプレッドで比較をします。

詳しく見る

記事リスト

海外のfxを使ってみる

株式

メリットが多い

日本国内にもfx業者が増え、それだけfx自体が身近なものとなってきました。それに伴いfxの利便性も近年、向上してきていますが、それでも海外fxのものと比較すると見劣りする部分があります。その最たるものの一つがスプレッドの狭さでしょう。海外fxのスプレッドは業者にもよりますが、ほとんどの場合、非常に狭いのが特徴です。しかも、日本国内のfx業者ならば海外で大きな出来事があれば、都度スプレッドも拡大しますが、海外fxであればどのような出来事が生じたとしてもスプレッドは一定のまま保たれます。そのため、海外fxを利用すれば海外の出来事にいちいち過剰反応せずに安心して取引することができます。勿論、スプレッドが狭いということはそれだけでリスク回避するができ、取引数を多くして収益を上げるトレードスタイルを持つ人にとっても非常にありがたいメリットであると言えます。また、スプレッドが固定され、狭い特徴を持つ海外fxは自動売買ソフトにも適しており、自動売買ソフトを利用する人は多くの場合、海外fxで口座開設を行っています。海外fxのメリットはスプレッドの狭さや固定である点以外にも数多くあり、キャッシュバックキャンペーンが非常に高額であったり、超ハイレバレッジで一攫千金を狙うこともできます。口座開設自体も近年は簡素化しており、不明な点があっても日本語によるサポートもしっかりとしているので、もし、効率よく取引を行いたいと考えているのなら海外fxの利用を視野に入れても良いかもしれません。

fxをやる時の大切なこと

スマホ

fxをやる場合に業者を選びますが、スプレッドの小さい所を選ぶのがコツです。スプレッドは手数料のようなものですから、小さいほど有利です。海外fxにはスプレッドがゼロという業者もあります。その他にもレバレッジが無制限だったり、キャッシュバック金額が大きいなどのメリットがあるので海外fxはおすすめです。

詳しく見る

低スプ・ハイレバで取引

通貨

海外fxを利用するならスプレッドの狭さは重要です。口座を開く際もSTP口座かECN口座にするかによっても異なります。STPは、取引手数料が無料ですがスプレッドが広がっています。ECNは1取引ごとに手数料はかかりますが狭めとなっています。

詳しく見る

取引コストが安い

グラフ

海外fxには、大きく分けて2つの口座がありSTPとECN口座があります。ECN口座は、STPと比べるとスプレッドに取引手数料を含めても取引コストが低く、経済指標発表時でも約定力が高いのでスキャルピングされる方に向いています。

詳しく見る

STP口座で取引

スーツの人達

海外fxでSTP口座は、取引コストがスプレッドだけと分かりやすいのですがECN口座よりも広がっています。ただし、最低取引通貨量単位も1000通貨からと少額で使える最大レバレッジも高いのが特徴になります。

詳しく見る

Copyright© 2018 【資産運用に最適】海外fx会社選びにはスプレッドをチェック All Rights Reserved.